catch-img

LCMサービスとは?

近年、IT技術の発展は急速に進んでいます。企業活動においてもIT技術はなくてはならないものとなっています。そんなITの運用コストを抑える面で注目されているのがLCMサービスです。
今回はLCMサービスがあまりわからないという方にむけて、特徴やメリットをわかりやすくご紹介していきます。


目次[非表示]

  1. 1.LCMサービスとは?
  2. 2.LCMサービスが必要な理由
  3. 3.LCMサービスのサービス内容
  4. 4.LCMサービスのメリット 
    1. 4.1.①コストダウン
    2. 4.2.②適切な機器の選定
    3. 4.3.③セキュリティの強化
  5. 5.LCMサービスの選ぶポイント
  6. 6.まとめ


LCMサービスとは?

LCMサービスとは、Life Cycle Managementサービスの略です。具体的には、IT資産の導入から廃棄するまでのライフサイクル全体としてのIT資産管理サービスのことを言います。LCMサービスを利用すると、IT資産の管理をアウトソーシングすることができるので、メイン業務にリソースを集中することができます。

多くの企業にとって、PCやITシステムは業務に当たり前のものとなっています。しかし、IT資産の管理を自分たちで行うのはとても骨が折れます。LCMサービスは、機器の選定などの導入フェーズから、導入後のサポートや運用、そして撤去までを包括的に委託することが可能です。


LCMサービスが必要な理由

LCMサービスの広がりは、IT機器の普及と深い関係があります。IT機器が登場したばかりの頃は企業内でIT資産管理を行っていましたが、PCが普及してくるとIT資産管理にかかる工数が増加してきました。

また、機器を廃棄する際の情報漏洩の危険性も問題になっています。ただ廃棄するだけでは業務データを抜き取られる可能性があるため、専門技術を使って初期化する必要があります。さらにモバイル端末の導入やテレワークの浸透はLCMサービスの需要をより高めると考えられます。

LCMサービスのサービス内容

LCMサービスの提供内容について詳しく説明します。LCMサービスがカバーする範囲は、IT資産の調達・導入から、廃棄まで、IT資産のライフサイクルすべてを提供しています。

たとえば、調達フェーズではIT製品の選定やレンタル・リースを行い、その企業に合わせて最適な製品を最適な方法で提供します。導入フェーズでは初期設定などキッティングや配送を行います。

導入後の運用フェーズではソフトウェアのアップデートや不具合のサポートなどを行うので、困ったときでも安心です。そしてIT資産を廃棄することになれば、データを完全に消去した上で廃棄処分します。そうすることで、情報流出のリスクを軽減することができます。


LCMサービスのメリット 

それでは、LCMサービスを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

①コストダウン

1つ目のメリットは、コストダウンです。LCMサービスを利用することで、IT資産管理の業務を大幅に軽減し、コストを抑えることができます。これによって、人材や資金のリソースを、企業のなかで最も重要なメイン業務へ集中することができます。

②適切な機器の選定

2つ目のメリットは、専門家による適切な機器の選定ができることです。ビジネスでIT機器を利用するのが当たり前になったからこそ、PCだけでも多種多様なスペックや機能があり、社内で選定するとなると数多くの選択肢の中から適切な機器を選ぶのはとても大変です。LCMサービスを利用すれば、専門家のサポートにより、コストを加味した適切な機器を選定することも、最新技術を取り入れることも可能です。

③セキュリティの強化

3つ目のメリットは、セキュリティ面の強化が見込めることです。たとえば、IT機器の廃棄は初期化などの適切な処理を行わないと、情報流出の恐れがあります。LCMサービスでは適切なデータ破棄処理を行い、安全にIT機器を廃棄することができます。これを社内で対応しようとすると手間がかかります。

また、専門家による最新のセキュリティ対策を取り入れることも可能になります。そのため、社内で対応するより、安心で簡単に導入・運用、廃棄まで行うことができるのです。


LCMサービスの選ぶポイント

多くの企業からLCMサービスが提供されています。どのサービスを選ぶか難しいときに検討すべきポイントは、IT機器を重視するか、サービスを重視するかです。

IT機器を重視する場合には、IT機器などを手掛けているメーカーのLCMサービスを選ぶとよいでしょう。メーカーのLCMサービスでは、そのメーカーのIT機器を統一して利用することができるため、互換性に優れています。また、メーカー独自の技術を使ったサービスを利用することもできます。

サービスを重視する場合、メーカーだけでなく、サービス内容が充実しているLCMサービスを検討するのがいいでしょう。企業の特色によって、何に特化しているサービスなのかが異なります。たとえば、情報管理に特化したサービスもあれば、数多くの対応実績による業務プロセスの見直しを強みとするサービスや、配送手段の最適化により物流コストを削減できるサービス、小規模顧客への手厚いサポートに特化したサービスもあります。

まとめ

IT機器の広がりと共に、IT機器の資産管理は煩雑になっていき、社内で対応するには手間がかかり過ぎたり、特殊な技術が必要になったりしています。LCMサービスはそのような今の時代で、効率的にIT資産を活用するために、なくてはならないサービスです。LCMサービスを利用してI T機器の資産管理をアウトソースすることで、IT資産管理のコスト削減が可能になり、メイン業務へ集中することができます。また、専門家のサポートにより、最新技術やコストに見合った適切な機器を使い、さらにセキュリティを強化することもできます。

モバイル端末の普及や、テレワークの推進により、LCMサービスの需要はこれからより高まっていくことでしょう。IT資産管理にお困りの方はぜひLCMサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。